混ぜときました。

好きなもの、好きなこと

【乗ってみた】PBKでフルクラム レーシング3を買う。

久しぶりの更新になってしまいました。

 

さて、前回のブログでレーシング3が届き開封したところまで書きましたが、

今回は実際にバイクに装着し走ってみた感想を簡単に書いてみたいと思います。

www.mazetoki.com

 

 

WH-RS100と比べてみた

比較対象はシマノWH-RS100、いわゆる鉄下駄です。

タイヤとチューブはWH-RS100で使っていたボントレガーのR3 25c、タイオガのウルトラライトチューブを使用しています。

 

まず感じたのは走り出しの軽さ。

WH-RS100は前後で2,000g弱。

WH-RS100の時は走り出しは少し重さを感じましたが、レーシング3はWH-RS100に比べてスッと進む感じがありました。

乗り味も全体的にカチッとした感じがあります。

これが剛性というものなのか。。?

詳しいことはよくわかりませんが、明らかにWH-RS100と比べると硬さがあります。

ただ嫌な硬さではなく、より安心できるというかパワーロスが減った感じというか。。

乗っているバイクがEmondaS5というTREKのエントリーグレードバイクで

比較的柔らかめのカーボンフレームのため、少し硬めのホイールの方がしっくりくるのかもしれません。

 

いつもの江戸川サイクリングロードで乗ってみた

江戸川のサイクリングロードをいつも通り走ってみるといつもより少しだけ

速度が速い気がする。。

単純に気持ちの問題の気がしなくもないですがどうなんだろう。

ゾンダに比べてレーシング3は脚にくるなんて言われたりしますが、

のんびり走る限りでは特に気になりませんでした。

本当は登りも試してみたいですが、なかなか近くにいい山がないのが

千葉県北西部の悲しいところ。。

時間がある時に筑波山や少し足を伸ばして榛名山などにも行ってみたいですね。

ちなみにラチェット音は初めこそすごく静かでしたが、30kmも走るとそこそこいい音で鳴るようになりました。

素人によるレーシング3の感想はこのくらいで。。

というのも、レーシング3が到着してすぐ気になっていたバイクの発表があり、

発表当日に予約、購入したためそっちの方が気になってしまっているからです。。